代表ご挨拶

少しでも自動車事故が少ない交通社会を創り上げていきたい

当社は企業内における自動車事故を減らすことを目的として、創業から44年の歴史を誇った倉敷自動車教習所から分社化して平成19年に誕生しました。 それまでも企業従業員向けの教育を実施していた倉敷自動車教習所ですが、新規免許取得者向けの教育と既存免許取得者向けの教育はまったく異なり、同様の教育をしていても、企業内での事故は減りづらいといった課題を抱えていました。そこで、既存免許取得者向け教育の専門機関として新たに立ち上げられたのが当社となります。

その後、各分野における交通安全対策の専門家たちをメンバーに迎え、「企業内での事故を減らすためにどうすれば良いか」をテーマに日々成長して参りました。 合わせて、国土交通省主導で実施している運転適性診断にもいち早く参入を行い、平成22年10月の認定以降、毎年1,000人を超える適性診断を実施し、数多くのプロドライバーの方、事故加害者の方のサポートを行っております。

現在では、今までに培ったノウハウを活かした研修によって数多くの企業様の自動車事故削減に成功し、多くの喜びの声を頂戴することができるようになりました。

これからも、当社の「私たちは、世界中で交通事故が無くなる。そんな交通社会を目指します。」という経営理念と共に、より多くのドライバーが安心、安全に運転することが可能な交通社会を創り上げていきたいと考えております。

日本交通教育サービス株式会社
代表取締役 社長
小野 新太郎

まずは、お電話または、本サイトのフォームにてお問い合わせください。